旧型客車の特徴

ドアは手動ドアでブレーキ装置は自動空気ブレーキを基本とし、電源は車輪と結ばれた車軸発電機から供給している。

暖房装置は蒸気暖房で蒸気機関車や蒸気発生装置(SG)を持つ機関車、暖房車から熱源を供給する。東北・北陸地方で使用された車両は電気暖房装置を備える電気機関車から熱源を供給できるようにした車両もあり、当該車両には原番に2000が加えられる。

接客設備については三等車→二等車→普通車に関しては戦災復旧車である70系客車がロングシートで製作された他はデッキ付きの2ドアクロスシートで製作されており、独立した便所と洗面所を備える。定員重視で製作された60系客車の普通車を除いて幹線の長距離優等列車への使用することを前提に設計されている。なお、この接客設備は後に登場する急行形車両にも受け継がれている。

Filed under: 未分類 — oaklandartists 11:58 AM

低周波

自然科学では低周波地震が知られている。低周波地震は1Hzから2Hz程度の地震のことである(通常の地震は10から20Hz程度)。地震の規模はM1~2程度である。低周波領域の地震は規模に比して震動がゆっくりしているのが特徴で、震動の周期が長いため長周期地震とも呼ばれる。発生地点が浅い場合と深い場合で分類されている(浅部・深部)。火山性の地震の特徴としてもみられる。

また、継続時間が長くなってM3~4程度と若干規模が大きくなる超低周波地震も存在する。同じく低周波領域で起こるもので、1秒間に小刻みに揺れる低周波微動や通常の地震によるプレートすべりに比べ遥かに遅い速度(長時間)で滑るゆっくりすべり(スロースリップまたはゆっくり地震とも)、震動の大きさに比して大きな津波が発生する津波地震との関連が指摘されている。

Filed under: 未分類 — oaklandartists 1:33 PM

標準時間

標準時が導入される以前は、各々の自治体ごとに(もしその町の時計があれば)その町での太陽の位置に合わせて時計を合わせていた。すなわち都市や観測地点ごとに定めた平均太陽時であった。移動者は移動の度に時計を合わせ直す必要があった。

鉄道が敷設される以前はこれで十分に間に合っていたが、鉄道によってそれまでよりも格段に速く広範囲を移動できるようになると、頻繁に時計を合わせ直す必要が生じた。また鉄道の運行自体も次第に支障を無視できなくなった。

この問題を解決するために、ある地域内で鉄道運行に関わる全ての時計に共通の時刻を用いるという「鉄道時間 (railway time)」、後に「標準時」、の仕組みがイギリスで生まれた。この共通時刻としては、基準となる地点の平均太陽時を用いた。イギリスではロンドンの時間、すなわちグリニッジ平均時をこれに用いた。

Filed under: 未分類 — oaklandartists 6:18 PM

ヨーロッパの日記の歴史

ヨーロッパでは、早くから紙を使用していた中国や日本と異なり、高価で希少な羊皮紙しかなかったため、私的な記録である日記の普及には限界があったと考えられているそうだ。つまり実用性のみで記される帳簿や裁判記録の類に、それらの形態を外見上保持しながら、その本来の記載目的を越えた内容を記せる余裕を与え、それらの日記への進化のきっかけをもたらしたのは、紙の普及であると考えられるのである。

日記の用紙となる紙は、ヨーロッパでは、まずイタリアやスペインに12世紀頃、アラブ商人の手を経て伝えられた。イタリアでは当初マルケ州ファブリアーノで製紙業が発達し、その後パドヴァやジェノバなどの各地に広がっていった。これらの地域で生産された紙は、主としてロンバルディア商人によってヨーロッパ各地に広められていった。

Filed under: 未分類 — oaklandartists 10:39 AM

ナマコの行動

基本的に不活発な動物で、海底をゆっくりと這っている。多くのナマコがデトリタス(海底に降り積もって堆積した有機物)を主な餌とし、触手でそれらを集めて食べる。食べ方は種によって異なり、海底表面のデトリタスを舐めとるように食べるものと、砂と共に口にかき集めるものがいる。水中に触手を広げ、海中を漂う有機物を集めるナマコもいる。

特殊な性質として、敵の攻撃を受けると内臓を放出するものがある。熱帯性のナマコの多くはキュビエ器官という白い糸状の組織を持っており、刺激を受けると肛門から吐出する。キュビエ器官は動物の体表にねばねばと張り付き、行動の邪魔をする。マナマコなどキュビエ器官を持たないナマコは、腸管を肛門や口から放出する。ナマコは他の棘皮動物同様に再生力が強く、吐き出した内臓は1-3ヶ月ほどで再生される。

Filed under: 未分類 — oaklandartists 10:50 AM