「おそ松さん」修正にテレ東が釈明

テレビ東京の高橋雄一社長は29日、都内の同局で定例会見を開催。人気アニメのパロディネタを盛り込み、5日の放送開始から賛否両論を呼んでいるアニメ「おそ松さん」について言及。19日に地上波で放送された第3話の内容が、24日のBSジャパンで放送した際に修正されていた点について「オリジナルに失礼な行為だった」とオリジナルへのリスペクトが足りなかったことが理由だと説明した。
赤塚不二夫氏の人気マンガ「おそ松くん」に登場した6つ子が成長してからを描いた「おそ松さん」では、さまざまなアニメや映画をパロディー化していることが、いい意味でも悪い意味でも話題となっている。
19日放送の第3話『こぼれ話集』では「それいけ!アンパンマン」を「ほれいけ!DEKAPAN-MAN」とパロディー化。お腹を空かした子どもに頭をあげるアンパンマンにならい、”デカパンマン”のパンツの中から踏ん張って出てきた茶色い「かりんとう」が出てくるなど、ハチャメチャな内容だった。BSで24日に放送した際には、オリジナルから遠ざけるよう登場人物のマントの色を変えたり、背景に修正を加えたりしていた。
高橋社長は「地上波の放送終了後に、『修正した方が良いのでは?』と意見が出た。アンパンマンは子供にとって大事なアニメ。オリジナルに失礼な行為だった」と修正の経緯を明らかにした。
おそ松さんの内容は確かに見る人を選ぶかもしれないが、他にもた作品のパロディーを多用している作品は数多くあるのだが…赤塚不二夫作品という看板がより多くの人の注目を集めてしまったことが裏目に出たのだろうか。

Filed under: 未分類 — oaklandartists 9:41 AM