トイレットペーパーで山火事

スペインのラパルマ島で、大規模や山火事が発生した。付近住民2000人超が避難したほか、消火活動をおこなっていた54歳の自然保護官が死亡したという。
ラパルマ島は、人の手がほとんど加えられない自然の姿のまま残ってるが、山火事はその山間部に広がっているという。
火事の原因は、ドイツ人観光客の男性が使用済のトイレットペーパーを始末のためか燃やしたこと。男は逮捕され、のちに森林火災を引き起こした罪で出廷する手筈となった。
消化のためヘリコプターや飛行機も出動しているが、高温と強風で火が勢い付き困難を極めているそうだ。
埋めるなり持ち帰るなり他に方法はあったのに、何故山で燃えやすい紙を燃やしてしまったのか。名乗りでたのは偉いとおもうが、考えが浅はかすぎる。

Filed under: 未分類 — oaklandartists 10:59 AM

聴覚障害理由に入店拒否

滋賀県ろうあ協会の会員らが、兵庫県尼崎市にある飲食店を予約しようとした際に、全員が聴覚障害者であることを理由に断られたそうです。
5月21日に体育大会の卓球に出場した7人が、夜に飲食店で食事をしようと話していた。
その際、5月9日にFAXで予約を申し込み、全員が聴覚障害者であることを伝えたとのことです。

翌日に店長から『当店は手話のできるスタッフはいなく、筆談での対応もしておりません。通訳のできる方がおられない場合、ご予約をお取りすることができません。』との返事がきました。
やむを得ず別の店を予約したそうですが、体の障害を理由に断られてしまうのは悲しいですね。
店長は『筆談で対応すると制限時間の90分間では食事の提供が難しい。聴覚障害者が店に来られたことがないのでどう接したらいいか分からず、失礼に当たるのでお断りした。申し訳ないです。』と謝罪したそうです。
制限時間や聴覚障害者の方が来店したことがなく接し方が分からない、など…
それは理由になっていないのではないだろうか、と思いました。
尽くせる手はたくさんあったと思います。
何もせず、最初から無理だと断るのはそれこそ失礼に当たるのでは……

Filed under: 未分類 — oaklandartists 10:47 AM