関西強盗相次ぐ

27日、大阪と京都で強盗事件が相次いで発生し、貴金属や現金などが盗まれる被害にあった。また、男性が怪我を負っている。
午前3時頃、京都の貴金属店に3人の男が侵入し、ショーケースを割って指輪やネックレスをかばんに詰めて逃走した。店では非常ベルが鳴り響き、目撃した男性が通報した。
男性によるとガラスの割れる音がしていたという。犯人はシャッターを開けてガラス扉を割って侵入した。
防犯カメラの映像から170センチほどの男で、上下黒い服を着て顔を隠していたことがわかった。600点ほどの商品が盗まれ6千万ほどの被害が出ている。
また、大阪では午前1時ごろ、帰宅途中に、2人組の男に路上で襲われ財布を奪われた。現金120万円やクレジットカードが被害にあった。
同一人物ではないかもしれないが、物騒な事件だ。

Filed under: 未分類 — oaklandartists 11:04 AM

女性が犬に噛まれる

19日、和歌山県田辺市で市内に住む無職・横堀正枝さん(93)が出血して倒れているところを発見された。横堀さんは既に亡くなっており、調べによって頭や腕を動物に噛まれていたことがわかった。
そして、発見現場の近に住む70代男性が飼っている犬3匹が、当時繋がれていない状態で目撃されていることもわかった。
この男性は「犬は狩猟用に飼っていた。犬の訓練をしていた」と話しているが、当時犬が放し飼いになっていた理由については詳しく分かっていないという。
警察では、男性の事情聴取を行うと共に飼い犬の歯型を調べるなど、横堀さんを襲った動物の判別に当たっているという。
狩猟犬というなら大型犬なのだろう。犬を飼うからには飼い主がしつけて管理しなければならないだろう。

Filed under: 未分類 — oaklandartists 9:44 AM

「大麻で町おこし」代表と従業員2人も所持で逮捕

鳥取県の大麻栽培者の許可を得て麻栽培による町おこしに取り組んでいた会社代表が、大麻取締法違反の疑いで逮捕されました。
この事件で、この会社の男性従業員2人も逮捕されていた事が分かりました。
大麻取締法違反の現行犯で逮捕されたのは、鳥取県智頭町の大麻加工品製造業「八十八や」代表の男性(37)と、いずれも同町に住む30代の男性従業員2人で、3人とも容疑を認めています。
今月4日、代表の男性の自宅や会社、関係先などを家宅捜索した際に、従業員の自宅などから乾燥大麻が見つかったそうです。
「八十八や」は代表の男性と従業員3人で運営されていたといい、町は残る従業員に新たな栽培や出荷を自粛するよう要請しました。
栽培されている大麻は麻薬成分がほとんど入っていない産業用大麻だが、持ち出されないよう町職員が畑の見守りをしているとのこと。
育てているのは、大麻が麻薬成分がほとんど入っていないとのことですが、調べるうちに興味を持ってしまったのでしょうか。
産業用大麻はあまり見ないので、注目を集めるという面では良い町おこしと感じましたが、犯罪をするのは良くないですね。

Filed under: 未分類 — oaklandartists 9:32 AM

玄関先でクマに遭遇

今年のクマが活発な印象をうける。最も記憶に残っているのは初夏頃、秋田県で女性がクマの襲われ死亡した事件だ。その後駆除され殺処分となったクマの胃の中からは人体の一部が見つかったという。
また、寒くなってきたこの時期は、クマを含めた野生動物は冬眠のために食料を大量に欲する。脂肪を蓄えて冬の寒さに負けない環境を作り暖かくなる春まで眠って過ごすのだ。 
今朝6時ごろ、兵庫県宍粟市の自宅敷地内で60代の男性がクマに遭遇し襲われる事件がおきた。
男性は新聞をとろうと玄関先に出たところでクマに遭遇した。男性は現在病院に搬送され治療を受けている。負傷しているが意識はあるそうだ。
男性が遭遇したクマは体長170センチと大型な個体で、署では市内の警戒にあたっているという。
まさか自宅の敷地にクマがいるなんて思わないだろう。怪我はしたようだが、命に別状はないようでよかった。

Filed under: 未分類 — oaklandartists 9:52 AM

家宅捜索後に飛び降り

大阪府警から家宅捜索をうけ、その後任意同行を求められた自称コンサルタントの男(37)がベランダから飛び降りた。
男は集団準強姦事件容疑で捜査のためマンションの家宅捜索を受けていた。家宅捜索終了後に、警察が警察署に任意同行を求めると、男は「着替えとトイレに行かせてください」と発言。
捜査員1人がついていったが、男は逃走し地上24階のベランダから飛び降り、自殺をはかった。捜索時、質問には応じてていたため、警察は「現時点では捜査員の対応は適切だったと考えている」とコメントした。
死ぬくらいならば事件なんて起こさなければいいのに、決定的な証拠が見つかったか逃げ切れないと思ったのだろうか。他の犯人は、男の自殺をどう感じるのだろう。

Filed under: 未分類 — oaklandartists 11:00 AM