バナナトロフィー

東京マラソン

フィニッシュしたランナー200人だけが受け取れる栄誉あるトロフィーがある。それが、「バナナトロフィー(BANANA TROPHY)」だ。

やだ…かっこいい…

今年もランナーの祭典「東京マラソン」が2月23日に開催されます。

協賛のドールは今回も参加者3万6000人の栄養補給のために、公認バナナ「極撰(ごくせん)」をなんと9万1千本も用意しているようです。
単純計算で1人あたり2~3本食べられることになります。
流石ドールさん!!
「極撰」は、研究・開発した100種類以上のバナナの中から選び抜き、約1年間かけてじっくり丁寧に育て上げた最高品質の逸品。
そうキングオブバナナ。2012年の東京マラソンから大会公認バナナとして、時には音楽を聴かせるなどして大切に保管され、ランナーが走る糧となってきた。
ちなみに今年は「ヘビーローテーション」だそうです。
前までは「負けないで」だったそうですが。
その東京マラソンに今年は、完走者の名前やフィニッシュタイム、レース中のランナーを支えてくれた家族や友達の声援が刻まれるバナナトロフィーが登場するそうです。
東京マラソンといえばバナナ、バナナといえば東京マラソンといっても過言ではないので、手に入れられたら感動も2倍…になるはずです。
なるんです。
ただ、公式サイトから応募して、抽選で選ばれた200人のみだそうです。
ちなみにトロフィーといっても、本物のバナナに食べられるインクで印字しているものなので、放っておけば黒くなります、腐ります。
なので美味しく食べてしまいましょう。
思い出は写真に残しましょうね。

おなかスッキリ

おなかスッキリ…しすぎる!という健康茶が話題に上がっています。
ダイエットや便秘の解消に効果があると言われる健康茶。飲んでみたら効きすぎ!
調べてみると、下剤と同じ成分が見つかったとのこと。
これらの健康茶には、原材料に「キャンドルブッシュ」というマメ科の植物が使われているそうです。
キャンドルブッシュは茎や花に下剤成分「センノシド」が含まれているが、薬事法上の医薬品ではなく食品に使うことが可能であるとのこと。
最近は健康食品としてキャンドルブッシュ入りのティーバッグなどが、大手ドラッグストアやインターネットで販売されているそうです。
しかしその人気のキャンドルブッシュ入りの健康茶、15銘柄を調べてみたところ、コップ1杯につき2~10ミリグラムの「センノシド」を発見。
医療品として売られている下剤1錠に含まれる「センノシド」は12ミリグラム。
つまりお茶を2杯でも飲んでしまえば下剤と同じかそれ以上の効果が出てしまうのです。
便秘を治そうとしたら逆に下痢に…なんて笑い話じゃないですよ。
人によっては激しい下痢を起こします。
キャンドルブッシュは別名の「ゴールデンキャンドル」「ハネセンナ」「カッシア・アラタ」と表示されていることもあるので、表示によく注意して買いましょうね。

花粉症新薬

スギ花粉症根治が期待できる新薬が承認されたそうです。
しかもその薬は、今までの飲むものや注射ではなく「舐める」薬とのこと。
舌の裏に液状の薬を垂らすだけだそうなのですが、この薬の成分はスギ花粉を元にして出来ているのです。
花粉の成分を接種し続けて耐性をつけ、症状の抑制をするそうです。
実際に効果が出ています。
聞くだけだと凄いなと感心しますが、重度の花粉症の人はどうなんでしょう?
成分を取るだけで鼻水とか止まらなくなったりしないか心配ですよね。
自分は花粉症ではないのですが、いつかかるか分かりませんし、ちょっと試してみたい気もあります。

「ルパン三世」ご当地ナンバー

千葉県佐倉市は1月14日、同市在住の漫画家モンキー・パンチさんの代表作「ルパン三世」のイラストをあしらったご当地ナンバープレートを、原動機付自転車用に3000枚限定で交付すると発表しました。
色は白、黄色、ピンク、水色。車種によって異なるそうです。
番号の前に入るかなはルパン三世の「る」のみ。
プレートの左側はライトで照らされたルパン三世のイラスト付きになっています。
しかしこれはなかなか人気が出るのではないでしょうか?
イラスト付きな上に限定となれば千葉県民でなくてもファンならば飛びつくのでは。
しかも公道を走れるとなればなおさらだと思います。
しかし一番心配されるのはナンバープレートの盗難ですね。
番号も「三世」の3がつくようなものだと更に狙われてしまいそうです。
交付は4月からだそうです。
手に入れた方はしっかりと管理を頑張ってほしいですね。

http://www.preciousmetals101.info/